ノンシリコンシャンプーのデメリット

アンククロスシャンプーはノンシリコンシャンプーです。

市販のシャンプーでもノンシリコンシャンプーが増えてきていますが、
何がそんなにいいのか?ご存じでしょうか?

・ 髪に良さそう
・ 頭皮にやさしそう
・ 敏感肌の人でも使えそう

こんなイメージではないかと思いますが、
ノンシリコンシャンプーが支持されるには、
ちゃんとした理由が存在します。

デメリットについて、
調べてみましたので参考にして下さい。

ノンシリコンシャンプーのデメリット

・ 髪がきしむ
・ 頭皮に痒みがでる
・ 髪がパサつく
・ カラーが落ちやすい

このような点が挙げられるようです。

髪がきしむ

シャンプーに含まれているシリコンは、
髪の毛をコーティングして指通りを良くする働きをします。

つまり、ノンシリコンシャンプーではそのコーティングがないので
きしんだり絡まったりしてしまいます。

天然成分でシリコンの代用としたものは、それらを軽減出来ますが、
市販のシャンプーでは難しいようです。

頭皮に痒みがでる

単純にシャンプーが合わなければシリコンに関係なく
痒みなどの症状が現れます。

ですが、それ以外に原因があるとすれば、
それは洗浄力が問題かもしれません。

シリコンによってコーティングされていない頭皮が、
強い洗浄力にさらされた時には、負荷がかかりすぎることがあります。

髪がパサつく

シリコンによってコーティングされていない髪の毛は、
言ってみれば裸の状態です。

今まではシリコンのコーティングでしっとり仕上がっていた髪が、
そのままの状態になる事で、パサつくようになります。

カラーが落ちやすい

これもコーティングされていないがために起こる現象です。

強い洗浄力で髪の表面に何もなくなった状態では、
せっかくのカラーが抜けてしまうのも無理はありません。

これらは一般的なノンシリコンシャンプーのデメリットです。

アンククロスシャンプーは、シリコンの代用となる成分を
贅沢に配合していますので、上記のような問題が出ることを
限りなく抑えられています。

洗浄力と有効成分のバランスが取れたシャンプーなら、
問題なくご使用いただけるようですよ!

⇒アンククロスシャンプーの詳細はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする